FC2ブログ
しゅんの部屋
みんなのゴルフ6攻略に関するブログです。よかったら参考にしてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初級・中級キャラ
“飛ばしてなんぼ”

6を攻略する上で、飛距離は重要となってきます。
ティショットで遠くまで飛ばしてしまえば、セカンドショットでよほどのミスショットをしない限りカップに寄せることができます。

ましてやミドルワンオンの多いコースならば上級キャラが圧倒的有利になることでしょう。
初級キャラや中級の飛距離のないキャラでは太刀打ちできません・・・・・簡易コースならば






中級キャラクター「ナル」

最近、中級キャラである「ナル」でよく遊んでます。
あの屈託のない笑顔が好きですw  vitaでは表現されなかった豊かな表情に心奪われました。
部屋や大会でも使用しています。


遊んでて感じたことなんですけど、ご存知のように中級キャラでも超貧弱初級キャラにも劣る飛距離を持っています。マックスの3W(ギアは同じね)にすら勝てないという・・・

メープル~プロヴァンスのミドルワンオンの多数存在するコースでは圧倒的不利になります。

なぜ中級なの?と疑問を抱き、使用するに躊躇するキャラクター「ナル」なんですけど、最近使っていると他のキャラにはない圧倒的な性能に気づきました。

中級キャラ「ナル」


これですね、スピンの性能が良いんです。特筆すべきがサイドスピン

今まで“飛ばしてなんぼ” ビグビグもしくはビグインを加え、サイドスピン力を減らしてでも飛距離を重視していました。以前も記事にサイドスピンは度外視してもいい、と書いたことがあります。

だけど難関コースになるにしたがい、この性能が驚くほど発揮する、ということがプレイしていてわかりました。


障害物なんてなんのその!
・サイドスピンで華麗にかわし、カップを狙えるコースを幾重にも増やすことが可能。
・ときにはバックスピン、ときにはサイドスピン、ときにはスーパーサイドスピン!
・9mの強風すら押し負けず、軌道をストレートに戻すことができる。

さまざまなスピンを応用することでカップを狙い方が幾重にも増え、球がどのようにバウンドするのか、という考える楽しみができました。


この魅力を知ってしまったがために、この子から離れられなくなりましたw




難関コースとの相性

難しくなればなるほど、上級キャラでもミドルワンオンができるホールが減り、基本“2打”ショットすることになります。
それならば初級・中級で狙う“2打”となにが違うのか?



結局は同じなんです。

それがウッド系で狙うかアイアン系で狙うかの違いというだけで、初級・中級でも“2打目が届かないホール”なんていうのは存在しません。

まぁ、読みに誤差が生じ、ブレも目立ってきますが、難関コースなんてのは上級キャラでさえインパクトミスしてしまえばスコアを1つ2つ減らすことなんて稀ではありません。

ならばアップデートによって豆じゃなくなった初級・中級キャラのストレスのないドライバーで飛ばしてからセカンドショットを狙うのはどうか?
キャリーをわかっていればボールの落とし所を確認するのは可能。PS3のR3ボタンとvitaの背面タッチパネルをバンバン利用していきましょう。

そう考えると「ナル」でも全然アリだと思います。







最近は成績もあまり気にならなくなり、楽しくプレイするのが一番だなぁ、と感じる今日このごろです。

フレンドとskyp通話しながら遊ぶって、こんな楽しいことなんですね。わきあいあいと会話しながら部屋と大会で盛り上がってます。





・・・しばらくはみんごるから離れることはできないなぁ・・・。





スポンサーサイト
アプローチモード解除
前回の記事でたくさんの方に「いいね」をクリックしていただいたことに感動を覚えた主です。
どうもありがとう。テンション上がったので、知られたくないことも書くかも。



まず訂正したいことがあります。

これまで記事に八分音符のことをSJI(スーパージャストインパクト)と申してきましたが、これはみんごる5のなごりで言ってました。
5では八分音符を引くと、まさに針に糸を通すかのような超精密ショットを可能としていました。ゆえにSJIと呼んでいました。

6でも同じ八分音符を引くとこれはSJIだと言ってしまったけども、どうも精密に欠けるということで今までこの呼び方に疑問を抱いてたんですよ・・・

よくよくあらためてライブラリ→ゲーム説明「ジャストインパクト」を確認してみたら、SJIだなんてそんな言い方はしてないということで、今後はJI(ジャストインパクト)もしくは八分音符と呼ぶことにします。

今回のみんごる6ではSJIというものは存在しない、ということで了承してください。

なお、ト音記号はこれまで通りト音記号と呼びます。では続きをば・・・



続きを読む

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。